保育士になるために専門学校に通うメリット

少子化が進んでいるとはいえ、家庭環境も多様化し、ワーキングママも普通のこととなった昨今、保育園や幼稚園などの子どもを預ける施設の需要は、益々増加傾向にあります。
そこで、必要とされているのが保育士の仕事です。
また、保育士の仕事は、女性が長期でキャリアを積めるメリットもあり、大変人気があります。

保育士になるには、国家資格が必要となります。
その取得方法は大きく二つあり、大学、短大、専門学校などの保育士養成課程で所定の課程を修了するか、保育士試験に合格するかになります。
試験は誰でも受験できるため、社会人になってから挑戦する人も多数いますが、難易度は高く、その合格率は10パーセントぐらいです。

そこで、効率よく学べると人気なのが、専門学校です。
保育士養成の専門学校は通常2年で、卒業と同時に資格を取得することができます。
保育現場ですぐに役立つ知識や技術を学ぶことができるので就職にも有利です。
また、忙しい社会人のための夜間コースを設けている学校もあります。

夜間コースは3年間通うケースが多いです。
専門学校を選ぶ際のポイントはいくつかありますが、まずは、自分の目指す資格がきちんと取れるのかを確認してください。
また、学校の雰囲気や授業の様子も、通うとなれば大変重要になってきますので、体験入学や説明会などに参加してみると良いでしょう。
その他にも、就職のサポート制度がどうなっているかや、卒業生の就職実績なども参考になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です