保育士専門学校の選び方の注意

子育てに関わる保育士は、専門学校でも資格をとり、仕事にすることができます。
小さな子どもと関わる仕事のため、大変なこともありますが、やりがいもいっぱい。
保護者にも感謝されるすばらしい仕事です。
業界全体が人材不足でもあるので、求人は比較的たくさんあります。
子どもが好きな人や安定して働きたい人にはもってこいの仕事でしょう。
まだ子育てをしたことのない世代であっても、仕事で関わっていれば、自分の子どものときにも役立つ知識や技術を身につけられるのも魅力です。

国家資格である保育士は、専門学校に通い卒業することで取得することができます。
ただしこれは、厚生労働大臣に指定された養成施設である場合です。
そうでない場合は、毎年おこなわれている試験を受け、資格を取らなくてはなりません。
すでに児童福祉施設で働いているといった場合でないなら、指定養成施設に通い、資格取得を目指すのが確実で早いでしょう。

保育士の専門学校には、厚生労働大臣に指定された学校だけでなく、併修校というものもあります。
この場合は厚生労働大臣に指定されている通信制の短大も卒業することで、資格を取得できる仕組みになっています。
保育士になるために専門学校に通うなら、指定養成施設を選ぶほうがよいでしょう。
また全日制ではなく、夜間課程のある学校を選べば、働きながら保育士の専門学校に通うことも可能です。
自分の状況にあった学校を選び、資格取得を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です