保育士の専門学校を選ぶ場合の注意点

投稿日:

専門学校で保育士を目指す方法はオススメで、色々なメリットがあります。
まず、卒業と同時に資格を取得することができます。
4年制大学と比べて半分の期間で資格を取得できるのは大きなメリットです。
基本的に2年で資格を取得できるので、保育現場ですぐに役立つ知識や技術を学べるのは大きな魅力です。
専門学校の場合、学習期間が4年制大学の半分で済むので学費も安く済みます。
資格を短期間で取得できるので、費用はなるべく抑えて確実に保育士になりたい人に向いている方法と言えるでしょう。

また、学校によっては幼稚園教諭などの他の資格も取得できます。
専門学校を選ぶ場合、注意が必要なのは指定校なのか併修校なのかです。
併修校には注意が必要で、厚生労働大臣の指定がないので厚生労働大臣の指定を受けた短大の通信課程に卒業しないと資格を取得することはできません。
併修校の場合、短大の通信課程のスクーリングの受講と、短大も卒業しないと保育士資格は得られないので注意しましょう。

保育士の専門学校を選ぶ場合、2年制か3年制なのか、また幼稚園教諭資格を取得できるかどうかについても注意が必要です。
学校を選ぶ時は、色々な点に注意しなければならず、同時に学校の雰囲気や就職サポート体制にも留意することが大切です。
事前に卒業生の就職実績をチェックすることも大切なポイントになります。
自分の目的にあった保育士の専門学校を選ぶために、学校説明会やオープンスクール等を大いに利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です