専門学校から保育士を目指すのに向いている人

保育士を目指すには、厚生労働大臣の指定する養成施設を卒業する方法が一般的です。
この養成施設には4年制の大学と短大、そして、専門学校があります。
保育士を目指すのであれば、このうちからどこで学ぶのかを選ぶ必要があるのですが、専門学校に通うことを考えているのであれば、自分がその学校に向いているのかどうかを考えなければいけません。
では、向いている人というのは、どういう人なのかというと、まず挙げられるのが費用をおさえて、確実に保育士になりたいという人です。
専門学校は4年制大学に比べると学費が安価ですので、費用の負担を軽減することができます。
またその分野に特化した学校ですので確実に資格を取得することができるのです。

次に挙げられるのが、早く保育の現場で働きたいという方です。
基本的に2年~3年制の学校が多いため、4年制大学と比べて、資格取得をするまでが短く、すぐに働き始めることができるのです。
また地域に密着した学校であれば、就職先の紹介なども多いというメリットがあります。

最後は働きながら学びたいという人です。
社会人の場合、昼間の学校には通いにくく大学で学ぶというのは難しいのですが、専門学校は夜間制を設けているところもありますので、そうした学校であれば働きながら保育士を目指すことができるのです。
学校選びは今後にも大きな影響を与えるものですので、専門学校から保育士を目指すのに向いているタイプに自分があてはまるのかを慎重に考えて選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です