保育士を養成する専門学校の魅力

保育士を養成する専門学校の最大の魅力は、同じ夢や志をもった人が集まり、切磋琢磨しながら学ぶことができるので、卒業後も互いに高め合う仲間ができることです。

保育の専門学校には、保育士として活躍したいという目標を持った人が入学してきます。

また、保育の専門学校は保育に関する専門的知識を教え、大学や短大のように他学部がないので、設備や図書館の書籍なども保育に関するものを重点的においているので、深く勉強することができます。

このように充実した環境の下で、同じ志を持った人が卒業まで一緒に勉強すると最高の仲間になることができます。保育士は資格を取得した後も、自分の力量を高めるために学ぶ必要がある職業です。

また、保育は対人援助サービスですので、悩むことも多いと思います。例えば、被虐待児は施設入所後に、暴言は吐き、暴力を振るい、今まで自らが受けてきた虐待を再現したり、何かの事象がきっかけとなりパニック状態に陥るといった症状を呈したりします。

そのような場合、支援者である保育士自身が心身ともに疲弊してしまいます。しかし、学生時代に信頼できる仲間ができていれば、現場に就職した後も、勉強会を定期的に行い、被虐待児の対応について学ぶこともできます。

そうすることで子どもからの挑発にはのらない、パニックに落ちった場合はタイムアウトできる部屋を決めておき、現状から切り離し、落ち着ける場所に誘導するといったスキルを身に付けることができます。

また、勉強会の後の食事では、職場の愚痴を言う等してストレスを解消することもできます。このように卒業後も互いに高め合う仲間ができることは保育士を養成する専門学校の最大の魅力と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です