保育士の専門学校について

保育士資格は国家資格でありますが、現在、その資格を取得するのに短大の他、専門学校でも取得することができます。

しかしながら、保育の専門家になるに当たって、まず、気になるのはどういったことを学ぶ必要があるのかということではないでしょうか。

保育士の資格を取得するのに専門学校で学ぶことの第一として、保育全般ということが挙げられます。そして、その他の専門的知識として、児童の発達の他、児童心理学や栄養学といったものについても学びます。

これらは基本的に座学で学ぶことができるので、復習等を行えば十分に理解することができるはずです。専門的知識の他に保育士の専門学校で学ぶこととしては、音楽についても学びます。

具体的に言えば、ピアノの演奏です。

これはお遊戯会や、普段の歌を歌う時にも用いられるスキルであるので、保育士を要請するほとんど全ての専門学校で学ぶこととなります。ピアノのスキルについては最低でもバイエルンを全て弾けるぐらいは求められるので、できれば、自宅に電子ピアノ等を置いて学習できる環境を整いておいた方が良いでしょう。専門知識やピアノの演奏以外で学ぶことと言えば、何と言っても、保育現場での実習でしょう。

この実習で、保育現場の実際の雰囲気だけでなく、教科書には載っていない不測の事態や、柔軟な対応についても学ぶことができます。

実習は大変さもありますが、熱意を持って臨めば得ることも多く、そこで気に入られれば、就職先ともなるので、実習は一生懸命やると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *