保育士の専門学校でも短大卒になることがある

保育士の資格を取るために、多くの方が専門学校に通いますが、実は専門学校の中には短期大学と提携していて、追加で単位を取得すると大学卒の学歴を得ることができる場合もあるのです。

勤務先によっては、学歴や、取得している資格によって給与が変わったり、昇進するスピードが異なることもあるので、学生の間にできるだけ多くの資格を取得することが重要です。

大手の専門学校には、大学や他の学校と提携して、持っていれば仕事の幅が広がる資格や、大学卒の学歴を得られるように単位互換制度を有している場合があるので、入学前にその学校がどのようなシステムを有しているのが確認することが重要です。
最近は、需要の高い保育士と介護系の資格を同時に取得できるコースなど様々なオプションがあるので、積極的にオープンキャンパスなどに参加して、自分に最も適したコースを探すことがオススメです。

また、専門学校の中には、隣接や提携の保育施設で実習ができたり、就職斡旋をしてくれる学校もあるので、進学を希望する学校がどのようなところと提携して、関係が強いのかをチェックするのが大切です。
待機児童問題解決に向けて行政が動き出している今、保育士の育成にも力が入っているので、今後保育士の数が増えることが予想されますが、その際に、他の人と差がつく学歴や資格を有していると、給与にも差をつけることができ、就職にも有利です。
保育士の資格を取得するなら、自分に最適の専門学校選びをしっかりとすることが不可欠です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *