専門学校で保育士資格を取るメリットとデメリット

保育士の資格を取るための手段はいくつかありますが、専門学校に通うと、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

文科省・厚労省が指定した専門学校に通った場合、卒業までに必要な過程を修了することで、保育士の資格を取得する事が出来ます。
そのため、自分で勉強をして試験を受ける必要が無く、学校卒業と同時に保育園などの就職先を決める事が出来ます。
また、2年という短い期間で資格を取得する事が出来るため、早く就職したいと考えている人におすすめです。

また、専門学校の種類によっては、保育士だけではなく、幼稚園教諭二種免許など、他の資格を同時に取得できる場合もありますので、幅広く勉強をしたいと考えている人は、色んな学校の特色をチェックするようにしましょう。
ですが、4年制大学に比べますと、2年間という短い期間での資格取得になりますので、保育知識や技術の差が出てしまう恐れがあります。

また、専門学校は通学制になりますので、社会人や主婦は通いにくいというデメリットがあります。
専門学校は、その学校ごとに特色があります。
ピアノやお遊戯などのレッスンが充実しているところもあれば、保育実習が充実しているところ、就職した後のサポート体制が万全なところもあります。
そのため、自分が何を求めているのかというのを、きちんと考えた上で決めると良いでしょう。
保育士の資格は人気がありますので、自分に合った学校を見つけて、しっかりと勉強をしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *