保育士の資格を取得できる専門学校には2種類存在

保育士の資格は、保育施設で働く上で必須の資格ですが専門学校に通うことで取得することもできます。

一般的には専門課程が存在する4年制大学、2年制の短期大学を通うことで、そこを卒業することで自動的に免状を取得できます。
他には国家試験があるため、その国家試験を受験し合格することでも免状が貰えるため、その方法で取得される方もおります。

保育士の専門学校には、指定校と併修校の二つが存在し、これは厚生労働大臣の指定を受けているかいなかの違いです。
指定校であれば、そこを卒業すればそのまま免状を取得できますが、併修校の場合は指定を受けている短大のカリキュラムを併せて修了する必要があるのが特徴的です。
その短大のカリキュラムを修了しなければ免状自体を受けることができず、学費の取り扱いについてもそのカリキュラムを修了する費用が別途、かかります。

保育士の専門学校では、2年制と3年制の二つの年次で学習することが可能です。
これは幼稚園教諭2種の免許も習得できるコースも存在しますが、2年制の場合は習得できるコースと習得できないコースの二つに分かれ、3年制の場合はそれを習得するかの違いがあります。
保育士の専門学校に通いながら、その資格の他に、関連する幼稚園教諭の免許を習得したい場合には3年制のコースを通うのが近道になります。
保育士の専門学校では、こうした指定校と併修校の違いや2年制・3年制の違いが存在するため、学校を選択する上では、その違いと取得できる資格に気を付けて選択を行う必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *