保育士の専門学校について

保育士とは乳児から小学校就学前までの幼児を保育仕事です。

保育士には国家資格が必要であり、一度その資格を取れば生涯持ち続け、仕事に就くことができます。
その資格を取るには、保育養成施設を卒業する方法と国家試験に合格する方法があります。
保育養成施設の一つに専門学校があり、その方法を選択をする方は多いです。

専門学校に行くメリットは次のようなことがあげられます。
基本的に二年で保育資格を取得できる、保育現場ですぐに役立つ知識を学ぶことが出来る、4年生に比べて学費が安く済むなどです。
また学校によってはその他の幼児教育に関する資格を取得できることもあります。
しかし、2年ですべての知識を得る必要があるので、とても忙しい2年となります。
保育士の資格を取得するために専門学校を選ぶ方の中には他の仕事をしている方、家庭がある方なども多いです。
そんな方に適した場として夜間や土曜日などに授業を設けている専門学校も存在します。
女性の社会進出が多くなっている現代、保育士の活躍の場はとても広がっていると言えます。
働き方として午前中だけ、休日だけなどという短時間勤務も募集していることが多いので、家庭や子育て中の女性も働きやすい職業であると言えます。

また子どもと接する仕事は、事故などの細心の注意を払わないとならない気を使う部分もありますが、子どもの純粋無垢な真っすぐな心に触れられるというのはとても幸せであり、やりがいのある仕事であり、小さな子供から教わることも少なくないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *