保育士を養成する専門学校の魅力

保育士を養成する専門学校の魅力は経済面の支援が豊富なことです。

現在、保育士を養成する学校は数多くあり、優秀な学生を確保する為に、入試の成績や入学後の成績によって授業料を免除したり、半額に減額したりと減免制度を設けているところが多いです。

また、奨学金制度も豊富です。現在、待機児童問題が社会問題となり、その解消に向けて保育所が増えており、保育士不足が深刻化しています。

そのような中、保育の現場では優秀な人材を確保するため保育士専門学校と提携し、卒業後一定期間、決められた保育現場で働くと奨学金の返済が免除されるというように、給付型に近い奨学金を設けるところがあります。

現在の日本では奨学金の多くが貸与型です。そのため就職後、返済が始まると生活に苦しさを感じる人が非常に多いです。これは保育士の現場でも同じです。したがって、返済が免除される奨学金があれば積極的に利用したいところです。

この点、保育の専門学校では、保育現場と協働して、給付型に近い奨学金制度を積極的に取り入れるところが多いです。
また仕事を紹介してくれる学校もあります。保育の専門学校の場合、実習があり、その期間中は時間や体力面でアルバイトができないため、アルバイトを見つけにくいといった声があります。

しかし、学校が系列の保育所を持っている場合、補助員としての仕事を紹介してくれます。その場合は職場自体が実習のことを理解しているので休みを取得しやすく、アルバイトも継続しやすいという魅力があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *