保育士の専門学校が2つの種類がある

保育士の資格を取得するためには、いくつかの方法がありますが、大きく分けると3つの方法があります。

1つは4年制大学を卒業すること、もう1つが短期大学を卒業することで、最後の1つが専門学校を卒業する事です。この3つの中でも専門学校が入学試験などもないケースが多いので、誰でも簡単に通う事ができますが、実はそんな専門学校に通って保育士になるには、さらに2つの方法に分かれているのです。1つ目は文部省と厚生労働省が認可をしている学校で「文部省・厚生労働省指定校」と呼びます。

一般的には指定校と呼びますが、これは卒業と同時に保育士の資格に加えて幼稚園教諭2種免許が取得できます。もう1つが文部省と厚生労働省が認可していない学校に通う方法ですが、このような学校のことを「併修校」と呼びます。この場合、文部省と厚生労働省が認可していないため、その他に通信制の短期大学などを同時に修了しなければなりません。

一見すると「文部省・厚生労働省指定校」の方が簡単で「併修校」の方が面倒な印象を受けますが、実は「併修校」で資格を取得すると同時に短期大学の卒業資格も取得することができるので一石二鳥です。また選択する通信制短期大学によってはカリキュラムの中に社会福祉など、他の資格の取得も組み込まれていることがあるので、様々な資格の取得が目指せるメリットもあります。

このように保育士の資格を専門学校で取得するには2つの方法がありますが、どちらが良いという事はなく、それぞれに一長一短があるので自分のスタイルに合った方を選ぶと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *