保育士資格を専門学校で取得するメリット

保育士の資格を取得するための方法としては、一般的に養成学科のある学校を卒業する方法と、通信講座などを利用して自力で学び、資格試験に合格するといった方法があります。

また学校については四年制大学や短期大学、専門学校と種類があり、自力で資格試験に挑戦して合格を目指すよりは、学校の場合は卒業とともに資格が取得できるというメリットがあるため、より保育士を目指す場合には近道とされています。

もっとも学校もそれぞれの種類によって特徴があり、四年制大学の場合はより広くさまざまなことを学べますが、四年間通う必要がある上に学費が高額になることがネックに感じるケースもありますし、短期大学の場合は四年制大学ほど学費は高くありませんが、専門学校よりは高いケースが多く、実技や実習とともに講義も必要不可欠なため、二年間で学ぶには忙しく感じるといったこともあります。

その点、専門学校の場合は短期大学同様に二年生ではありますが、学費は安いケースが多い上に講義よりも実技や実習を優先する場合が多く、それゆえに保育園に就職すると即戦力として活躍することが可能です。もちろん学校なので卒業と同時に保育士の資格も取得できますし、中には幼稚園教授の資格も同時に取得できる学校もあります。

さらに学校によっては昼間だけでなく夜間や休日をメインに運営しているところもあり、そういったところを利用すれば、昼間は子育てに専念したり仕事をして働きならが保育士を目指すことも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *