専門学校で保育士を目指すメリットとは

専門学校で保育士を目指す場合、2種類の学校を選ぶ事が出来ます。

指定校と呼ばれている、文部科学省及び厚生労働省が指定をしている専門学校の場合、必要な課程を終えて卒業すれば、保育士資格及び幼稚園教諭2種免許を取得する事が出来ます。

一方、併修校と呼ばれている、文部科学省及び厚生労働省の指定を得ていない専門学校の場合、通信制の短期大学にて学ぶ必要があります。卒業と同時に得られる資格は同じですが、併修校の場合は短期大学卒業という扱いも受けられるとあって、メリットに感じる方が多いようです。

また、専門学校の場合、2年という短期間で保育士を目指せるというのが、最大のメリットです。大学の場合は4年かかるとあって、少しでも早く保育士として働きたいと考えている方には、ピッタリと言えるでしょう。さらに、大学に通った場合と比較して、学費を抑える事が出来るというのも、メリットです。特に自分自身で学費を賄っている学生からすると、学費が抑えられるというのは、大きなメリットに繋がるでしょう。しかも、2年の間に得られるのは保育士資格だけではありません。

先に紹介したように、幼稚園教諭2種免許や短期大学卒業といった、他の資格も得る事が出来ます。その為、幼稚園で働きたいといった時や、一般企業で働きたいと考えた時に、役立つと言えるでしょう。このように、将来的に他の仕事に就くとなった時に、役立つ資格が取得できるというのは、メリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *