専門学校で保育士を目指すには

保育士を目指す方法のひとつに、専門学校に通うという方法があります。

入学をする為に必要なのは、高校を卒業している、もしくは高卒認定を受け高卒資格を取得していることです。これをクリアすれば、受験資格を得ることができます。専門学校で保育士を目指すメリットは、2年から3年で卒業できること、そして卒業すれば資格を取得できることです。

資格試験に合格をすれば、資格を取得することが可能ですが、この方法を選ぶ人は少なく、多くの人が学校に通い、卒業することで資格を手にしています。その為、独学で勉強しようとせずに、進学という形を選んでおいて損はありません。短大や大学に通っても資格を取得することができますが、一般的な大学は、保育以外の勉強もする必要があります。その為、集中して勉強をしたい、知識や技術を身につけたいと考えた場合には、不向きです。それに対して、保育士の専門学校であれば、集中して保育に関する勉強をしてくことができます。そんな専門学校には、指定校と併修校があり、受験前にその違いを知っておくことが大切です。

指定校であれば、入学をして卒業をするだけで、資格を取得することができますが、併修校の場合は学校とは別に短大に入学する必要、そして卒業をする必要があります。更に、2年制と3年制の学校では、保育に関する資格のみか、幼稚園資格も取得できるかなどの違いがある為、受験をする前に、詳細についてしっかりと確認した上で、最適な学校を選ぶことがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *