保育士になるための専門学校の選び方

保育士は厚生労働省が管轄の国家資格であり、年齢や経験を問わず全国各地で即戦力として働くことができる保育のプロとして所持していると活用度の高い資格です。

保育士になるためには保育系の学部やコースのある大学や専門に入学して学ぶか、通信教育や独学で国家試験に合格するかのどちらかの手段があげられます。それぞれの方法にメリットデメリットはありますが、最短で保育士になりたい場合には期間的にも、金銭面においても専門学校への入学が望ましいです。

専門学校とひとまとめに言っても保育コースや子ども関連の学部のあるところは豊富にあり、教育方針やカリキュラムの組み方なども多種多様です。その中で保育士への近道となる専門学校の選び方としては、厚生労働省が認定する保育者養成学校となっている学校を通えるエリア内で探すことが大切です。

なぜなら専門学校にも色々あり、在学中には主に試験対策の講義がなされて最終的には自力で国家試験に合格しないと資格を得られないところと、在学中に指定された講義の単位と現場実習をクリアしていれば国家試験を受けずとも卒業と同時に資格が付与されるところがあるからです。その見分け方として厚生労働省が認定しているかそうでないかがあげられます。せっかく最短で保育士になろうと目標をもって学ぶのですから、入学する専門学校はじっくり選定することが望ましいです。

さらに在学中のサポート体制が充実しているところを選ぶのも良いでしょう。実技に使う道具や人形はそろっていることや、ピアノの練習室や多目的ホールなど現場で生きる技術が身に付けられる環境が整っているかどうかや、就職や実習にあたっての情報量や対応力が優れているかどうかも重要な判断材料になります。学校選びの際にはよく資料を読み、実際に説明会や学祭に足を運んでみるのが良いといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *