保育士になるために専門学校へ

女性に人気がある職種の一つとして保育園で働く保育士があげられます。

保育士になるには、資格が必要です。資格がなければ働くことができないので保育士を目指すのであれば、まずは資格を取得するのが先決です。資格を取得する方法としては、保育関連の教育課程がある大学や短大、専門学校で2年から4年通うことで得ることができます。学校に通う方法以外にも保育士の試験の受験資格を満たして、試験に合格すれば資格を取得することが可能です。社会人や主婦の方は、後者の方法で取得することが多いです。

学生であれば、保育に関する実習や知識を学べる学校への進学をおすすめします。学校の中では専門学校が一番入学がしやすいうえ、学習内容も保育現場に直結したものが多いので保育士以外の進路を考えていない人には適しています。専門学校には、2年制と3年制があります。3年制は、幼稚園教諭の資格も取得もできるところが一般的です。最近は、子ども幼稚園と呼ばれる保育園と幼稚園が合併した施設が増えており、幼稚園教諭の資格をもった人材も求められるようになっています。

そのため、専門学校で数年間学ぶのであれば幼稚園教諭の資格も取得できる学校を選ぶ方が進路が広がってメリットがあります。2年制の専門学校でも幼稚園教諭の資格が同時に取得できるところも増えています。保育園以外にも企業の託児所や児童館などさまざまな場所で保育職のニーズはあります。需要は今後も高まっていくと考えられています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *